05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.05.30 (Mon)

永久保存版 筍の水煮 長期保存

大家好

日本の城100選巡り旅は↓こちらで配信中。ww

日本の城100選 名城の旅


あまり役に立たない料理については・・・コチラ。ww
医食同源里山日記

土曜日・・・おやじの朝は遅い。。。
だって・・・雨だからー

って事で・・・
収穫して来た筍を茹でます。
雨ですので、薪ストーブを使います。

2016.5.28筍


なかなか燃えない。。。
竹は濡れてるし・・・薪は時間がかかる。

2016.5.28筍2


と・・・言う事で、おっさんもサル並みの知恵を使った。。。

扇風機で強制的に空気を入れた。ww

2016.5.28筍3

す・・・・すごーーーい。

ビバ!! 扇風機、。

2016.5.28筍4


茹でる事、3回。
前日の夜に、ばばぁいや、義母から「筍」が美味かったから、
次採って茹でる時は、また欲しいとリクエスト。。。

そりゃそうだ・・・ガスなんぞで茹でても美味くない。ww


ちゅー事で、さすがに3回も茹でると冷蔵庫もいっぱいになり
食べるのも苦労する。。。
ので・・・瓶詰を作る事にする。

時短の為、瓶の中には熱湯を入れる。

2016.5.28筍5



取りあえず・・・瓶詰3つ作りました。

2016.5.28筍6


筍の水煮。
あると便利ですね。

筍・・・食べてますかーーー


雨の日には雨の日の楽しみがある。笑


ポチッと応援お願いします。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト
05:30  |  男の料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(7)

Comment

おはようございます

雨の日に薪ストーブの活用は考えましたね。
そして何より扇風機で送風はさすがです。
必要は発明の母ですね。

うちも瓶詰めを一杯作ってます(妻が、、、)
素流人(ソルト) |  2016.05.30(月) 05:55 | URL |  【編集】

ダメリーマンさん おはようございまーす♪

そうか~
筍が沢山ある時は、瓶詰で水煮作ればいいんだ♪
頂ける時は続くもので、毎日筍料理で飽き飽きするんだよね~
今年は終わり。
来年沢山貰ったら、タケノコの水煮で保存してみる。
らうっち |  2016.05.30(月) 07:02 | URL |  【編集】

おはようございます。

工夫されていますね。
感心させられます。
保存タケノコの登場のUPをお待ちいしています。
まろ |  2016.05.30(月) 07:33 | URL |  【編集】

 おはようございます!
竹の子の季節 美味しそうな竹の子の水煮
作って置けば重宝しそうですね
さすが薪ストーブ 威力が有りそうです
Heyモー |  2016.05.30(月) 09:08 | URL |  【編集】

こんにちはー(^O^)/

な~~~~~るほど~~~!
瓶ごと茹でれば、殺菌消毒も同時に出来て、
密閉長期保存可能な筍の水煮が完成するんですね(^_^)v。
これは、他の食材にも応用できて、大変参考になりました(^O^)/。
ヒッキーに憧れる出無精 |  2016.05.30(月) 11:45 | URL |  【編集】

ダメリーマンさん こんにちは
休みが終わるといい天気
筍…はちくでしょうか
家の竹やぶまだ出てきません
まあ竹やぶの手入れ誰もしないんじゃ生えないですね
もう少し待ちかな
だいたい6月に入ってポツリポツリ収穫しています。
待ち遠しいですね
今週も頑張りましょう」ましょう。。。
まあちゃん |  2016.05.30(月) 12:45 | URL |  【編集】

こんばんは。

いやぁ~いいですね。
ストーブの傍らに扇風機!びっくりしましたが・・・
何事も豪快ですね。
熊本の男です。

オチがいいですね。。
agriotome |  2016.05.30(月) 22:29 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://momo332012.blog.fc2.com/tb.php/1574-6e1546f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |