FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

2013.11.29 (Fri)

隣国が、何だか騒がしい。。。

相も変わらず、アフォーな中国狂三盗・・・いや、狂産党ですね。ww

韓国も、在日民主党様のお蔭で、日本が沈んで行くと見きって、
せっかく中国の属国に逆戻りしたのに・・・
中国に虐められはじめて、慌てて、日米側に付こうと、TPP参加表明とか・・・・
本当に、あっちにコロコロ、こっちにコロコロと・・・見苦しい国です。

慰安婦問題でも、捏造が週刊文集によって、暴露されるハメに。。。。
父親の不正を隠すために、ことさら反日ぶったんでしょうね。。。

頭の悪いのが、国のトップになると、こうなると言うのは、
日本が数年前に、ハトやボケ缶、ドジョウでお手本を見せてあげたのに・・・・・笑


TPP
参加国全部の同意が無くては、参加出来ないそうなので・・・・
ぜひ、日本政府は、韓国の参加に対し、拒否してもらいたい。


反日国家には、それなりの制裁が必要だ。
民主党みたいに、下朝鮮が母国だからと言った時代ではないし・・・
日本人の自民党は遠慮しないでもらいたい。WW


他国からの空母を買い取って、船をようやく作った技術のない大国ぶった技術小国の中国が、
大言壮語を常に、吐きまくって、威勢がいい・・・

こちらも、人の良い日本が、またまた中国の大気汚染の改善の手伝いをしてあげるとか・・・

日本って・・・本当にどうかしている。


もっと笑えるのは、日本の経済界・・・・
2030年までには、中国がアメリカを抜いて世界一になるのは確実だと言って居る。


革新的技術の無い国が、どうして世界一になれるのか・・・・

こんなアホな経営者ばかりが居るから、日本の会社はダメになったんでしょうね。

私は、数年前から、この状況はアメリカのストーリーどうりだと言って居る。
この状況になって、一番得をしたのは、アメリカだ。

武器が、沢山売れたからね。WW


日本との戦争を30年以上前から、予想しシュミレーションするアメリカです。。。

アフォーの中国が、敵う訳がないのです。。。。
日本も、まんまとアメリカの戦略に乗せられていますが・・・
中国の属国になるよりはマシですね。


日本も、隣人が気の狂った民族ですので、安心出来ないと思う。
とっとと、核武装すれば、
原子力発電に拘る必要はなくなると思うのだが・・・・


中国で、空母に乗った時の写真です。笑


中国空母にて


いざ、戦争になったら・・・一番先に逃げ出すのが、

中国人です。



我社の中国人も、契約期間終了を待たずに、続々と帰国しています。

本当に、戦争が始まると信じているようです。。。。


何度も言いますが・・・賢そうなふりしている中国人は居ても・・・
本当に、賢い中国人は居ない!!

あの温厚そうな、じじぃの温首相でも、国連で意地汚く罵っていたではありませんか・・・

尖閣を日本が盗んだ!!

と・・・・

下から上まで・・・あのレベルが中国人ですのぉー。
頭の中が、旧暦と5000年を基準で生きてるので、仕方ない。笑






大気汚染を黙って見てあげれば、中国人は、死滅するので・・・・す。


他人が死んでも、自分は死ぬことは無いと信じている。。。。そんな人達です。



あー、今夜も毒を吐いてしまった。。。。

韓国大好き主婦や、中国大好き公務員様達から、非難されるのぉー。

中国に五年くらい住んでみれば・・・嫌と言うほど理解出来るんですけどねー。笑



中国では、青い大根を食べさせられた。。。
ハッキリ言って、美味く無い!!

大根は、やっぱり日本だ。。。そして・・・我が家の大根だ。笑

11.28朝飯

中国では、恐ろしくて喰えない生サラダだ。WW

11.28晩飯


もう、じじぃは、寝る時間だ。。。。

おやすみなさい。。。。


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



22:53  |  日記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://momo332012.blog.fc2.com/tb.php/287-da82f169

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |