FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

2014.11.07 (Fri)

レタスの旬を迎えました。

大家好!!
いよいよ・・・と、言いますか・・・

レタスのもらい物が増えてまいりました。
うれピーですね。

田舎では、こんな事くらいしか良いとこありませんから・・・。笑

2014.11.4晩飯


出ました!!
辛子レンコン。。。

昔は、肥後の殿様だけしか食べれなかった、門外不出の料理とか・・・。

2014.11.4晩飯2


油で炒めた、トンカツ。。。
我が家は、どーして揚げ物が多いのか・・・ww

2014.11.4晩飯3


ワンタンスープ・・・・美味いアルネ。

2014.11.4晩飯4


本日、お茶漬け・・・・。

2014.11.4晩飯5


小笠原沖の、チャイ船。。。。
ホント迷惑ですよね。
国民すべてが、ド●ボーですから。。。ww

人の良い日本人は、よく、個人では良い人も居る。

とか言いますが・・・・

私の経験上・・・・

中国人には、




悪い人と・・・・









もっと、悪い人



二種類しか居ません!!

大陸に、5年近く住んで・・・・実感した事です。笑

俺って、なんて正直者なんだろう。。。


現代の元寇の乱は・・・日本の神風(台風)でも全滅させられませんでしたネ。ww

あっ、そうそう・・・
こんなニュースが踊っていました。

ロンドンを拠点とする国際環境保護団体「環境調査エージェンシー(EIA)」は6日、中国の犯罪集団が、昨年3月の習近平国家主席や中国政財界幹部によるタンザニア公式訪問を利用し、大量の象牙をタンザニアで買い付けて不法に持ち出したとする報告を発表した。現地密輸グループの証言として、象牙は外交用に使われる袋に入れられ、習氏の専用機で運ばれたとしている。

国家主席、自ら密輸する。。。。

さすがですね。。。ww

名前は、臭チンピラと改名したほうが、イイですね。

中国狂三党の配下の民●党の皆さんも、そろそろ「うちわ」で閣僚を辞めさせたり
しないで、自分達の仲間の悪さを取り締まる法律でも、作って欲しいですね。

あっ、日本国を守っている人達に向かって、「暴力集団」と叫んだ
暴力団専門の弁護士あがりの官房長官も、昔居ましたね。
そんな犯罪者集団の政党だから・・・無理カナー。

ド●ボウ仲間を罰するはずがありませんね。ww

彼らの党是は、「中国への沖縄返還」ですから。。。
こんな政党が、生き残れている不思議な国・・・・ニッポン。

隣国だったら、全員4刑ですね。ww


まっ、臭い話は、ここまでで・・・





レタス・・・食べてますかー!!

週末ですよー!! ひゃっほー!!


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ
にほんブログ村

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト



20:00  |  男の料理  |  トラックバック(0)  |  コメント(3)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2014.11.07(金) 22:30 |  |  【編集】

ご無沙汰しています。
復興の検査で忙しくて立ち寄れませんでした。

注国の不審船には困りますが、
船が消滅しても国家が追求しないような気がしますね。

悪い人ともっと悪い人の表現はズバリ有っていますが、
そもそも日本人の目線で見るとワルですが、
あちらではふつ~~~のことなんですよね。

レタス作っていません( ̄ー ̄;
ピッコロ(さいたま) |  2014.11.07(金) 22:43 | URL |  【編集】

Re: ピッコロさんへ

こんばんは。

そうなんですよねー。
あちらでは、普通な事です。

チャイ時代、中国人の不正を正しましたら・・・・
不正を出来る立場で、不正をやらないのは
中国では、馬鹿だ!!と、言われる・・・

と・・・言われました。ww
ダメリーマン |  2014.11.08(土) 20:15 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://momo332012.blog.fc2.com/tb.php/869-47470ace

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |